バナー

太陽光発電と損益分岐点

太陽光発電においての損益分岐点を考えると、元をとれるには20年や25年という期間が必要であると言います。
しかし、これは現在の太陽電池の性能によるものであり、太陽電池の発電効率が向上することで損益分岐点となる年数は短くなるものです。

ターゲットに応じた福岡の一戸建てについての知識を高めてもらうためのサイトです。

また、太陽光発電は太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する仕組みになりますので、天候にも左右されるものです。
そうなると人間が行う計算では損益分岐点もうまく算出する事は難しくなるのです。

太陽光発電について親身になってアドバイスいたします。

元町の賃貸が評判になっています。

仮に太陽電池の容量というものが4kwである場合、年間に発電可能とされるのは、4000kwであると言います。

これは1kwあたりの年間の発電量が約1000kwであるという統計に基づくものです。

小机の賃貸関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

これを基準にして考えれば、4kwではその4倍の4000kwと言う数値が出て来るのです。


更に、統計の中では発電された電気の約60%が売り電されるというデータも出ていますので、4000kwでは約2400kwの電気が売電される事になります。
すると、4000kwから2400kwをマイナスすると約1600kwと言う電気が住宅の中で消費される電気量になるのです。


横浜の住宅情報を参考にしましょう。

これは逆に言い換えれば、1600kwの電気を太陽光発電で発電できれば電気代はゼロになると言うことにもなりますが、先ほどのデータの中には実際にどれだけの電気が利用されているのかが明記されていません。

大阪の分譲サイトが一番おすすめです。

あくまでも太陽光発電での電気の話しであり、実際には2400kwもの電気が売電されているのかどうかも解らないわけです。太陽光発電を行い儲けを考えるのはひとつの考え方で良いわけですが、太陽光発電を行う事で電力会社からの電気を使わず、その結果地球環境に貢献が出来るという考えたかをする事でメリットも出て来るものです。

もし、曇りの日が続いてしまえば、それは発電することが出来なくなりますし、電力会社から電気を購入して生活をしていくしかありません。
何故ならば、天候に大きく左右されるからなのです。


http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK05024_V00C13A3000000/
http://www.teijin.co.jp/recruit/thh/
http://sky.geocities.jp/nihonnzaitakuhospice/